スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生初のヒッチハイクはオーストラリアでした


これは土曜日の会話。

月曜日からカスパーはまた仕事なので日曜日が一緒に遊べる最後の日。
僕「明日何しようか」
カ「タリー川に行こう!ワニがいるらしいよ」
僕「いいね!どこにあるんだろ?(Googleマップでチェック)…歩くと2時間かかるよ(笑)」
カ「ヒッチハイクすればいいじゃん」
僕「まじ?したことある?」
カ「ない」
僕「マジか」

っていうことで始まりました日曜日の冒険(笑)


お弁当を作ってホステルを出発したのは午前10時。
車通りの多い道に出ていざ人生初ヒッチハイク。




誰も止まらねぇ(笑)

「まぁこれが人生だよね」とか言って音楽流しながら車を待つ二人。
ヒッチハイクをすること10分ほど。


車が止まった!!
興奮して近寄るといかにもいい人そうな男の人。
男の人「どこまで行くの??」
僕&カ「タリー川!ワニを見に!」
男の人「(爆笑)いいね!乗ってけ!」
僕&カ「(ハイタッチ)」

男の人、名前はアダムさん。
ケアンズのシティの方まで行く途中で話し相手ができて調度いいと乗せてくれました(笑)
大型の機械を運ぶ仕事をしているらしく今日は日曜日なのに仕事なんですって。奥さんとお子さんの話が面白かった(笑)


車に乗ること15分ほど。アダムさんが急に、
ア「あ、ここタリー川じゃねぇや。滝だけどいい?」
僕&カ「(川じゃないんかい!)いいね!最高!」

むしろ滝の方が見れて嬉しいから結果オーライ(笑)

三人で写真を撮ってお別れ。

でも、帰りのこと考えてないよね(笑)
ここ電波圏外だけど(笑)
まぁなんとかなるっしょと滝へ進む二人。


地元の人たちの憩いの場所になっているのかみんな涼んでいました。

ここは下流。

すごく水が綺麗で落ち着く場所でした。


そこで昼飯。

みよ、日本人とオランダ人の昼飯力の差!
パンにリンゴってオシャレ!
そのまま突っ込む男らしさとオランダ人の気品の高さがいい具合で混ざってる(笑)


昼食後上流へ。

これが例の滝。

別に特別大きいわけでもないけど普段滝なんて見ないからやっぱり迫力を感じる。

滝壺の深さ。

絶対これヌシが住んでるよね。


1時間ほど滝を見ながらダラダラ喋ってから帰ることに。


道を歩き始めると1台目の車が。
とりあえず駄目元でヒッチハイクポーズ。もう慣れたもんだぜ。

車、止まった(笑)
乗っていたのはカップル。
「乗って乗って!」とノリがすごくいい感じ。

しかもタリーまで乗っけてくれるという太っ腹さ加減!
途中で彼氏の家があって彼氏はそこで降りることに。

彼氏が降りてからしばらくして
カ「君たちはどこで出会ったの?」
女の人「パーティよ!」
カ「君たちは滝でデートしてたの?」
女の人「え?私はデートだとは思ってないわ(笑)」
僕「….(気まずっ!てか男の人かわいそ!)」

こちらの微妙な気持ちも意に介さずガンガン話し続ける彼女。
どうやら医者を目指しているらしくめちゃくちゃ勉強ができるそう。
理系のカスパーと話が弾んでました(笑)


タリーで降ろしてもらってお別れ。カスパーが一言。
カ「…いい子だったなぁ」
僕「え?さっきので好きになっちゃったの?」
カ「…(ニヤニヤしてる)」
僕「でも電話番号もなんも聞いてないじゃん(笑)」
カ「彼女が医者になった頃にオーストラリアで怪我をして会いに行くよ」
僕「(笑)バナナの花束なんていいんじゃない?」
僕&カ「(爆笑)


出身が違っても話すことは結局一緒(笑)
オーストラリアかオランダでカスパーにあってもみなさん気をつけてください。頭の中では女の子のこと考えてますから。
めっちゃイケメンだしコミュ力半端ないから何時間一緒にいても 飽きないけどね(笑)


以上日曜日の冒険でした!

滝の名前はMurray Falls
ニューヨークにあったMurray’s Bagelsっていうベーグル屋さんを思い出した。関係性は謎。


ホステルに帰ってからのチェス。今のところ全戦全敗!(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。